CPC(クリック単価)

読み :  シーピーシー

CPCとは「Cost Per Click(コスト・パー・クリック)」を略した言葉で、Webサイトに掲載した広告のクリック1回あたりの料金を指す単位。CPCは日本語では「クリック単価」と訳される。
検索エンジンやWebサイトに広告が掲載されてもクリックされなければ費用が発生せず、ユーザーが広告をクリックすると費用が発生する仕組みになっている。こうした形態の課金方式をクリック保証型広告と呼び、CPCを導入している広告プログラムはGoogle Adwordsが代表的。

Google AdwordsではCPC=クリック単価はクリック1 回に対して支払い可能な上限額(上限クリック単価
)を決定し、入札を行うことで検索結果やWebサイトに広告が表示される。CPCは何度表示されてもクリックされなければ費用は発生しないため、クリック数が保証される。入札するキーワードによって単価が変わり、よく検索されるキーワードは単価が高くなる傾向にある。

CPM(インプレッション単価)は1,000インプレッション(掲載回数)あたりの料金であるため、クリックよりも広告表示による会社名・ブランド名の認知向上に効力を発揮する。
対して、CPCは1クリックあたりの単価で費用が発生するため、クリック数を重視してアクセス数向上、売上向上を狙う場合に有効。