CPA(顧客獲得単価)

読み :  シーピーエー(コキャクカクトクタンカ)

CPAとは「Cost Per Acquisition」の略で、日本語で「顧客獲得単価」を意味する。
CPAは成果を1件を獲得するために必要なコストを指し、広告単価の指標として用いられる。
広告を経由してサイトを訪れた人が商品購入や会員登録、資料請求するなど、コンバージョン(成果)を1件獲得するまでにかかったコストがCPA。

CPAは施策にかかったコストを、成果を得られた人数(コンバージョン数)で割って算出する。
例えば50万円のコスト(広告費)をかけて100件の会員登録を得られた場合、50万円 ÷ 100件でCPAは5,000円となる。

顧客獲得単価 = コスト(広告費) ÷ コンバージョン数

CPA(顧客獲得単価)が低いことは1件あたりの成果にかかったコストが少ないということになるため、CPAは低い方が広告効果が高くなる。投じた広告で高い成果をあげるには、ターゲットを絞るなどCPAを下げるための施策が必要となる。

費用対効果に関する指標に、ROAS(広告費用対効果)という指標がある。ROASは広告掲載料1円あたりに対する売上金額を示す指標であるため、1件あたりの単価を示すCPAとは異なる。
ROASについては別記事で詳しく解説→ROAS(広告費用対効果)