コンバージョン

読み :  コンバージョン(Conversion)

コンバージョンとは、WEBサイトにおいて商品購入や会員登録、資料請求など獲得した成果を意味する。「Conversion(コンバージョン)」は「転換」という意味の英単語だが、WEBの世界ではWEBサイトの訪問者=見込み客から顧客へ転換する、または広告費など要したコストが成果に転換するという意味で使われ、WEBサイト上で獲得した成果を指す言葉として使われる。

コンバージョンは何を成果とするかによって変わり、WEBサイトの種類によってもコンバージョンは異なる。例えばECサイトなら商品購入がコンバージョンになり、WEBサービスなら会員登録がコンバージョンとなる。主にWEBマーケティングで使われる用語。

コンバージョンを獲得した数をコンバージョン数、サイト全体の訪問者数、またはユニークユーザー数(同じユーザーの訪問は1アクセスと数えるサイト訪問者数)に対して商品購入や会員登録などコンバージョン=成果に至った割合を示す指標をコンバージョン率(CVR)と呼ぶ。

コンバージョン=成果が思うように伸びない場合、商品購入や会員登録の方法が分かりにくい、入力項目が多いなど入力が面倒であるといった原因が考えられる。
コンバージョンは商品購入だけではないので、段階的に考えて売上・利益につなげることも必要である。例えばパソコンスクールの場合だと、資料請求 → 体験入学 → 申し込みというように各コンバージョンを設定・見直しして最終目標である申し込みにつなげることで利益につながる。